男性

雨漏り修理の役割〜雨漏りから住宅をマモリましょう〜

塗料の種類

一軒家

外壁塗装工事を行う前に塗料を把握してといいでしょう。塗料の種類によって東京で行われる外壁塗装工事の品質が変わってくるため気をつける必要があります。東京の外壁塗装工事で使われる塗料の中でももっともコストがかからないといわれているのがアクリル系塗料です。アクリル系塗料はコストの少ない塗料といわれ、塗料そのものの価格が安い塗料です。また、塗料による耐久年数が約5年と短いことからすぐに塗り替えたい人に人気があります。塗り替えを楽しみたい人に特に人気のある塗料がアクリル系塗料です。光沢もあるため、外壁を新しく見せることも可能です。東京で外壁塗装工事を行う際に活用されやすいのがウレタン系塗料です。特に落ち着いた質感を出したい時にウレタン系塗料を活用する人も少なくありません。

特に東京で人気のある塗料がシリコン系塗料です。コストも安く、耐久年数も長いことから、品質の高い塗料といわれています。耐久年数と塗り替える手間がかからないため、シリコン系塗料を活用する外壁塗装工事が多いのです。耐久年数が長い塗料を選びたいという時はフッ素系塗料を活用するのも一つの方法です。耐久年数が特に長くコストもかかる塗料ですが、大きな敷地を持った住宅に向いている塗料ともいわれています。より品質の高い塗料を活用したい時はフッ素系塗料を活用するといいでしょう。遮熱塗料や光触媒塗料という塗料も存在します。耐久年数が長く、光を活用して効果を発揮する塗料のためかなり高機能の塗料といえます。